織田茂徳さんのデビュー当時の様子は

織田茂徳さんの芸能活動のデビューとなったのは、10歳のころだったといいます。織田茂徳さんは、地元の愛知県で、子供のモデルとしての活動を始めました。
そして、織田茂徳さんのテレビでのデビューとなったのは、NHK教育番組への出演でした。

このNHK教育番組への出演によって、中村嘉惟人さんは小さい子供たちや、家庭でも知られる存在となっていったのです。
織田茂徳さんは、ファッション雑誌の専属モデルなどとしての活動、また戦隊もののテレビシリーズへの出演など、注目を集めている若手俳優の一人といえます。

織田茂徳さんが、はじめて主演をつとめたのは、サッカーをテーマにした舞台でのことでした。織田茂徳さんは、他校から転校してきた、サッカー部のキャプテンという役柄でした。
織田茂徳さんは、やはり、舞台で主演を務めることへの不安やプレッシャーも大きかったといいます。
舞台の共演者のうちには、演技経験も豊富な役者もおり、そうした先輩たちのなかで、自分が主演を務めることへの不安も大きかったのかもしれません。

そのため、ときには眠れないこともあったようです。この舞台は、もともと漫画を原作として作品でした。そのため、織田茂徳さんは、原作となった漫画を読み込むことで、演技への理解を深めていったようです。
また、普段からランニングをすることで、サッカー部員としておかしくない体作りにも励んだといいます。

そればかりか、中学校のサッカー部にお願いして、サッカーの練習をしたり、フットサルをするなど、役作りを徹底したといいます。さらに、共演する先輩たちにアドバイスを求めることもありました。
そうした努力の甲斐があって、織田茂徳さんは、見事に主演を務め上げました。全部で14公演の舞台をやり遂げ、本人も完全燃焼と振り返るほどの充実感を味わうことができたようです。

また、この舞台で生かされたのが、テレビドラマに出演した経験だったようです。織田茂徳さんは、テレビの戦隊もののシリーズに最年少メンバーとして出演しました。
そのため、ドラマの共演者から、アドバイスをもらうこともあったようです。また、特撮ものであるため、舞台での体の使い方、演技の仕方にも、おおいに経験が生かされたのではないでしょうか。
こうした経験もあって、織田茂徳さんはドラマや舞台での芝居のほかにも、ミュージカルにも出演し、その活動の幅を着実に広げています。