織田茂徳さんの幼い頃の様子は

戦隊もののテレビドラマシリーズに出演することで、小さい子供たちや家庭のあいだで大人気となった織田茂徳さんは、幼いころから戦隊もののヒーローに憧れていたといいます。
もっとも、織田茂徳さん自身も、記憶のはっきりしないほどの幼いころの思い出のようです。織田茂徳さんは、自身のお母さんから、幼いころの思い出や様子を聞いたといいます。

そのため、戦隊もののテレビドラマシリーズへの出演が決まった際は、織田茂徳さんはたいへん感動したと語っています。織田茂徳さんには、4歳下の弟がいるということですが、幼いころは、その弟と一緒に、
戦隊もののテレビドラマシリーズを夢中になってみていたといいます。ちなみに、織田茂徳さんと弟とは、今も家族で遊びに出かけるほどの仲だということです。

織田茂徳さんは、その弟と一緒に、戦隊もののテレビドラマシリーズを見ていたものの、視聴時間は、弟よりもずっと長かったそうです。織田茂徳さんは、それほど、戦隊もののテレビドラマシリーズに食い入るように見ていたのでしょう。
織田茂徳さんは、幼いころの自身の様子をお母さんから聞いて、いつか戦隊もののテレビドラマシリーズでヒーローを演じてみたいと思うようになっていったのかもしれません。

そして、実際に出演が決まった際は、信じられない、夢を見ているような気持ちだったと振り返っています。織田茂徳さんが、戦隊もののテレビドラマシリーズでヒーロー役に決まり、演技への決意をかためたのには理由がありました。
やはり、戦隊もののテレビドラマシリーズのヒーローは、小さい子供に夢と希望を与える存在であるためです。自身も戦隊もののテレビドラマシリーズのヒーローを演じることで、織田茂徳さんも、子供に夢を与える存在になりたいと誓ったようです。

織田茂徳さんは、この作品を、子供たちのために大切に演じたいと、誓っています。やはり、織田茂徳さんにとっては、それほど思い入れのあるテレビ作品なのでしょう。
子供たちに愛される役者になることが、織田茂徳さんにとっての、戦隊もののテレビドラマシリーズ出演の第一目標であるようです。織田茂徳さんは、ドラマを見た、小さい子供たちが笑顔になれることを願い続けているとも語っています。
そうした決意も、戦隊もののテレビドラマシリーズを夢中になって見ていた、自身の幼いころの思い出と重ね合わせているのではないでしょうか。