織田茂徳さんのデビュー当時の様子は

織田茂徳さんの本格的なデビューとなったのは、小さい子供に人気のある戦隊もののテレビドラマシリーズでした。このテレビドラマシリーズで、織田茂徳さんは、3人のヒーローの一人として出演することとなったのです。
織田茂徳さんは、地元福岡県でのモデル活動をへて、演技の道に進みました。その後は、戦隊もののドラマだけでなく、映画や舞台にも幅広く出演しています。

織田茂徳さんが、演技の道に進むきっかけとなったのは、大手芸能事務所が主催するオーディションでした。このオーディションで、織田茂徳さんは賞をとることこそできなかったものの、ファイナリストにまで選ばれます。
このファイナリスト進出があったからこそ、松本享恭さんは、若くして戦隊もののドラマ出演を果たしたのです。とはいえ、織田茂徳さんは、オーディションでファイナリストに進んだからといって、喜んでばかりいたわけではありません。
やはり、賞を獲得できなかったことが、相当に悔しかったようです。

そのため、オーディションをきっかけとして芸能界入りを果たしてからというもの、地元の福岡県から演技を学ぶため、東京まで高速バスで通っていたといいます。
高速バスでは、福岡から東京までは片道10時間以上の距離です。この悔しさがばねとなって、織田茂徳さんは演技に磨きをかけることになります。芸能界入りした当初こそ、福岡から東京まで通っていた織田茂徳さんも、
戦隊もののドラマ出演を果たしたことをきっかけに、上京します。織田茂徳さんにとっては、はじめての一人暮らしとなったそうです。織田茂徳さんにとっては、不安もあったものの、東京で一人暮らしできる楽しみのほうが大きかったようです。

それでも、織田茂徳さんの故郷福岡への愛着は強いようです。織田茂徳さんのツイッターなどの投稿は、博多弁がしばしば登場します。そして、帰省すると、愛犬と戯れることが楽しみのようです。
織田茂徳さんは、福岡の実家に帰省して、手料理を食べることでリフレッシュしているようです。織田茂徳さんは、やはり、博多名物の博多ラーメンが恋しくなることもあるようです。ツイッターでも、
東京にはおいしい博多ラーメンの店がないことを嘆くことも。織田茂徳さんにとっては、戦隊ものへの出演は、初めてのテレビドラマ挑戦となりました。期待の半面、不安や疲れもあるのでしょう。

そんなデビュー間もない時期の不安を、故郷福岡に帰省した際にリフレッシュしているのかもしれません。